私が教員だったとき

もし私がもう一度になったらここの教員になったら、今度こそはきっちりと教科書に根付いたきちんとした言葉を、きちんとした言葉を伝える
そういう教員になりたいと思っています
私は当時教員だったときどうやって授業しているか全くわからず、とりあえず寝る前にある教科書を片付ける
ただそれだけに終始していました
あるいは小手に対する理解が全くなかったので、その勉強だけに出資していました
本当に生徒に対して何かを発信する言葉の大切さを発信すると言ったり、起動私には全くありませんでした
私は生徒にゲームをすることを第一と考えていました
本当に生徒の学力を伸ばしたいという気持ちもありましたが、それ以上に私は生徒に好かれたかった
それで結果的に私は生徒から何かを奪ってしまってね気がします
何かを奪うと言うか 本当に信念をもって国語の大切さを訴えるというよりは、何か私のことだけ好きになってもらおうとしてくだらない冗談を言ったら、そればかりに終始していたような気がします
本当に悲しい哀れなピエロのような姿でした